Progressive

Core i5 6600K から Ryzen 9 3950X に乗り換えました

その他

今日は、メインで使っているデスクトップ自作 PC の構成を、 Intel Core i5 6600K から AMD Ryzen 9 3950X に更新した事を紹介します。


Intel Core i5 6600K は 2015 年 8 月 5 日に発売された第 6 世代 Core i シリーズの CPU で、4 コア 4 スレッドを搭載したミドルレンジ CPU です。この頃は Intel 一強時代でしたが、この 2 年後には初代 Ryzen が、更に 1 年後には Spectre/Meltdown 問題が浮上し、Intel の地位が崩れていきましたね。

一方の AMD Ryzen 9 3950X は 2019 年 11 月 25 日に発売された第 3 世代 Ryzen シリーズの CPU で、16 コア 32 スレッドを搭載した超ハイエンド CPU です。2020 年末には第 4 世代 Ryzen が発売されましたが、2021 年 3 月現在品薄状態が続いています。


自分は i5 を 2016 年末に買って運用してきたしたが、最近は Rust のコンパイルでシステムが窮屈になる機会が増えてきました。4 コア 4 スレッドの限界でしょうか。だましだまし使おうかなあと思っていたのですが、第 4 世代 Ryzen が熱いという自作界隈の勢いに流されてしまいました。Ryzen 9 5900X に目を付けていましたが、品薄で全く入手できずでした。そんな中、前世代で 5900X と同程度の性能を持つ 3950X がセールで安く販売されていたのを入手した形となりました。

マザーボードは GIGABYTE B550 AORUS ELITE V2 、 CPU クーラーは ARCTIC Liquid Freezer II 360 を用意しました。クーラーの方は日本で買うと高いですが米 Amazon から買うとそれなりの値段でした。全部 Among us がうまい人が教えてくれました。インポスターおじさんありがとう!

尚 CPU クーラーはでかすぎてケースに入らん模様。


気になる Rust のコンパイル時間を測定しました。 WebAssembly で規模はそれほど大きくはないクローズドソースのプロジェクトです。

CPU sec.
AMD Ryzen 9 3950X 17.84
Intel Core i5-6600K 38.28

おおよそ倍。そこそこ早くなりました。i5 だとコンパイル中は CPU が 100%に張り付いていましたが、Ryzen だと瞬間最大で 50%程度、平均的には 10%台をキープしました。

また、計測はしていませんが wasm-pack などの大きなプロジェクトをビルドすると CPU が 100%まで行きました。

プロジェクトの規模によっては相当の速度向上が見込めそうです。


Cinebench (R23) はこんな感じでした。

CPU Multi Single
AMD Ryzen 9 3950X 24464 1376
AMD Ryzen 9 3950X ECO モード 21764 1356
Intel Core i5-6600K 2887 810
Intel Core i5-5257U 1591 698
Intel Atom x5-Z8550 569 185

i5-5257U は Macbook Pro の、 Atom x5-Z8550 はタブレット PC のものです。

マルチは 10 倍で圧倒的ですね。シングルは 1.7 倍程度。


FF15 ベンチはこのようになりました。

CPU 軽量品質 HD 軽量品質 2k
AMD Ryzen 9 3950X 11890 5884
Intel Core i5-6600K 7667 4750

思ったよりも数値が向上しました。このあたりのゲームでも CPU はボトルネックになりうるんですね。


© 2002-2021, Built with Gatsby